よく「パワーストーン」という言葉を耳にすることも多いかもしれませんが、こうした石には効果や意味が何百種類も存在します。人間は何か行動を起こす時に、様々な障害にぶつかることがあります。不安に思うことや、何か思いつめてしまうことがあった時に活躍するのが、パワーを持っている石です。このような石を身につければ、心の安定につながる場合が多いからです。特に、何か悩み事を抱えていたり、心に不安をいつも抱えている人は、利用する価値は大いにあるでしょう。石を眺めているだけでも自然に落ち着くこともあります。しかし、石について詳しくない方の中には、実際にパワーストーンとはどういった物を指すのか、良く分からない方もいらっしゃるでしょう。そこで今回は、パワーを秘めた石について解説していきます。

具体的な種類にはどのような物があるのか?

パワーストーンと呼ばれる石には、非常に多くの種類が存在します。基本的に、石にはガーネットやアメジスト、アクアマリンや水晶、翡翠やムーンストーン、カーネリアンやオニキス、ラピスラズリやピンクオパール、シトリンやターコイズなどがあります。これらは「誕生石」として、1月から12月まで月ごとの石として知られています。パワーのある石は、とにかく普段から肌身離さずに持ち歩くことが大事です。遠くに離れてしまうほど、石の効果が少なくなるとされているからです。そのため、石を常に身に付けられるようにしたのが、石を使用したアクセサリーです。ブレスレットやピアス、ネックレスに加工されているため、いつも持ち歩くことが可能です。しかも、こうしたアクセサリーにすれば、石が直接肌に触れるので、より一層効果が高まるとされています。

天然石だけでなく合成石も存在する

天然石と一口に言っても、天然石しかない訳ではありません。中には、「合成石」と呼ばれる物が存在します。合成石とは、人工的に制作された石を指し、「人口石」と呼ばれることもあります。合成石は、天然石と同様の化学組織を使い、結晶を作り出して、その結晶を商品にした物です。合成石が生み出された理由は、天然石と違って大量生産が可能になるからです。天然石の場合、それぞれの土地で長い年月を経て出来上がります。需要が高くなれば、生産が追いつかなくなって価格競争が生じます。一方、大量生産が可能な人工の合成石であれば、販売者としても安定的な価格で提供することができます。購入者としても、合成石は手軽な価格で気軽に入手できることがメリットです。石そのものは、天然石でも合成石でもほぼ同じ物として捉えられています。ただし、天然石は長い時間かけて自然から神秘的なエネルギーを蓄えてきたと考えられています。石の効果をなるべく実感したいと考えている方は、天然石を選んだ方が良いでしょう。合成石は、アクセサリー感覚で身に付けたいという方に適しています。

当社の強みは、天然石やパワーストーンの直輸入による卸販売で、豊富な品揃えと良い石を低価格で提供する自信があります。 World Stoneはパワーストーンや天然石の取り扱いでは業界トップの種類の豊富さで、必ずぴったりの石が見つかります。 定番の人気商品から、1点物の希少でレアなパワーストーンまで豊富に取り揃えております。 パワーストーンで運気UP間違いなし!