パワーストーンには本当に効果があるのか

パワーストーンは神秘的で抽象的な効果があります。古くから現在まで存在している天然石は魅力的であり、物によっては独特の光を放っていたり、個性的な模様をしています。実際に抽象的な御利益があるのかというと、「効果がある物と効果が無い物があります」。効果があるパワーストーンは自然と噂もされる特徴があり、凄い物では化学分野でも注目の的になりやすい石も存在します。クリスタルは代表的な天然石として挙げる事が出来ますが、抽象的にも化学的にもメリットがあると証明しています。逆に効果の無い石は人口的に作られた物や、合成着色料を使って目的の石に似せた石を指摘が出来ます。着色料を用いた偽物の石は「瑪瑙(めのう)」が多いです。原料となる石は水晶である事が殆どになります。

クリスタルは身体と心に良い影響を与えます、化学的にも証明

化学的に人の利益になると証明されている、クリスタルは効力を実感しやすいです。不思議な事にその石は人間の身体を健康的にする様に新陳代謝を活発化する、気分を前向きにする作用があります。化学的に見ればクリスタルは微弱に振動しており、空気を清浄化する働きがありますが、なぜにそうなるかは今現在も証明できないです。未知の可能性を秘めている透明ながらも輝く石は、地球の神秘を彷彿させます。抽象的に見ればマイナスの要因になる消極的なエネルギーを吸収して、浄化するメリットがあります。ネガティブな感情を軽減する、気分を明るくハッピーにする力もありますが、クリスタルを多く置くほど効果が強くなる為、たくさん用意すると吉です。植物の成長を促進させて、色を濃くして茎・葉や根を丈夫にする力を持っています。

偽物のクリスタルとクオーツについて。

効果が無いパワーストーンは「偽物」であることが多いです。クリスタルにもまがい物がたくさんありますが、特に硝子玉が大量に出回っています。基本的に水晶は透明ですが、ヒビや内包物が無い物はとても貴重で入手するのは簡単でないです。ですから、本物のクリスタルを手に入れたいならば中身に天然物か何かが入っているか、ヒビがある物を選んだ方が、簡単に本物を選べます。水晶を採掘した時にはクオーツ(石英)である事が多いですから、傷や内包物を含んでいる事が基本的になります。また、丸い玉の状態から得られる事は有り得ないに等しいですから、本物を選ぶ時の基準にすると偽物に当たる事は少なくなります。クオーツをカッティングして、人が腕や首に身に付けやすい様に加工処理してから初めて、アクセサリーの材料として利用出来ます。