パワーストーンはどのような物を選べば良いのか

パワーストーンは願望実現や運気の向上など持っている人を助けてくれる存在です。石によって得意な力があり、目的にあったものを選ぶこともできます。最近では、ブレスレットにして見につけている人が多くなりました。男性も女性も性別を問わず人気のアクセサリーです。しかし、パワーストーンの種類はたくさんあり、何を選べばよいか迷ってしまいます。まず、自分の願いを叶えてくれる石を探すことが大切です。例えば、金運アップであればタイガーアイやルチルクォーツ、シトリンなどが有名です。恋愛運なら、ローズクォーツやアメジストなどになります。また、同じ金運アップでも仕事運を上げて収入のアップなら仕事運が上昇するものや、きれいになって恋愛運を上げたいなら美容運の上がるものを身に着けるのも良いでしょう。

どうしても決められないときの選び方

どうしてもどの石が良いのか迷ってしまうこともあります。もし、決められないなら直感で選んでも良いでしょう。直感で選んでも、結果的に自分にあった石を選んでいることもあります。なんとなく気になったり、目に付いたりしたものが、実は潜在意識の中での願いなどを叶えてくれる効果を持つものである可能性があります。選び方は、簡単です。なるべく何も考えず単純に気に入ったものを選ぶだけです。もし、ブレスレットにする場合は、複数の種類を組み合わせることもあります。何種類か気に入ったものを選びましょう。そしてお気に入りのブレスレットは、できるだけ肌身離さず身に着けていることが大切です。身に着けることで、パワーストーンと持ち主のエネルギーをつなげ願いを叶えるように働きかけてくれます。

お守りにするなら万能な水晶や誕生石

もし、お守りとして持つのであれば水晶がおすすめです。水晶は石の中でも万能に願いを叶える力があると言われています。魔よけや浄化の作用があり、あらゆることから持ち主を守ってくれます。天然石は、持ち主の周りで起こる悪いエネルギーを吸収して、持ち主を守ってくれる効果もありますが、長期間悪いエネルギーにさらされると疲れてしまい効果が半減してしまいます。その石についた悪いエネルギーを浄化してくれる作用があるのも水晶です。水晶は持ち主や空間を浄化するお守り石として最適です。最近不調だと感じている人にも良いでしょう。また、誕生石を選ぶという方法もあります。誕生石は生まれた月によって、対応する石があります。自分の生まれた月の石を身に着けることで、お守りになります。