パワーストーンとは一種のお守りです。神秘的な力を秘めた石を身につけることによって身につけている当人の潜在能力を引き出し、願いを叶えてくれるように働きかけてくれるとされています。一般的にはブレスレットやストラップなど気軽に扱える装飾品として親しまれています。その石の効果は石の種類によって異なるため、願い事にあてはまるものを探さなくてはなりません。例えば勉強運をアップさせたいのなら9月の誕生石として有名なサファイアや「ブルートルマリン」とも呼ばれるインディゴライトが、健康運をアップさせたいのなら薄い黒と茶色が斑模様になっている赤い石のレッドジャスパーがその効果を有しています。もちろん先述した石の効果はこれだけではありませんが、全体的に精神面や魔除けなどそれぞれに特化しています。例えばサファイアは精神に安らぎを与え、素晴らしいアイデアをもたらしてくれる効果がありますが、レッドジャスパーが有している精神力の強化という効果は持っていません。

同じ願い事を支えてくれる石でも種類よって効果が違う

一つの願い事に効果があるパワーストーンでも豊富な種類の石が揃っている場合があります。なかでも恋愛に関する石は多種多様です。古代から人々に宝石としても占いの道具としても愛されてきたアメジストや「愛と優しさの象徴」であるローズクォーツ、アクアマリンにグリーントルマリン、スギライトなど数多くあります。一見すると恋愛に関する願い事を支えてくれる石が数多くなるなら、どの石を選んでも結果は同じように見えますが、それは違います。実はそれぞれの石には正確な願い事に対して効果を発揮します。例えば先述したアメジストは誠実な相手を見つけられる効果があり、ローズクォーツは気になる相手を振り向かせる効果があります。他の石も同様です。つまり石は正確な願い事に対する効果を持っているという事です。

別な種類の石を組み合わせても大丈夫か

通常、神社仏閣で入手できるお守りは数多く身につける事はタブーです。その点、パワーストーンは効果が違う石や同じ効果がある別な種類の石を組み合わせて身につけても問題ありません。この組み合わせる方法には2種類あります。1つは叶えたい複数の願い事に対して対応した石をそれぞれバランス良く組み合わせる方法、もう1つは叶えたい願い事を一つだけに絞って組み合わせる方法です。具体的にはバランス良く様々な石をつなげてカラフルなブレスレットやストラップを作る方法と同じ石で繋げたブラスレットやストラップを複数用意する方法が挙げられます。一部の人々の間では「別の種類の石を組み合わせたら石同士の力が衝突し、効果がなくなる」という声もありますが、大事な事は身につける本人の着心地が良いかどうかです。